「おめでとう」の英語表現

「おめでとう」の英語表現

「おめでとう」の英語表現(画像:Unsplash

「おめでとう!」という英語表現にはいろんな言い回しがありますが、それぞれのシーンでネイティブスピーカーと同じように表現できる日本人は多くないでしょう。 この記事では使えるとかっこいい「おめでとう」の英語表現を紹介します。まず基本となる「congratulations」の意味を理解しましょう。

Congratulations

人に「おめでとう!」という時の最も基本的な表現は、「Congratulations.」です。この単語は「congratulate(〜をお祝いする)」という動詞の名詞形です。 この単語を分解すると、「con(共に)」「grate(喜び、慈悲深さ)」「ate(〜する)」で、「人の喜びをいっしょに祝う」という成り立ちになっています。

CongratsはCongratulationsの略

「Congratulations.」は「Congrats.」と略して表現することも出来ます。ただしこれは会話をする時に使う口語表現なので、文章中ではあまり使用しません。 英語のネイティブスピーカーは、大学入学・誕生日・結婚など気心知れた友人のにお祝いごとが合った時に、「Congrats.」を使ってその人へのお祝いを表現します。

Congratulationsを使用しない「おめでとう」の英語表現

Congratulationsを使用しない「おめでとう」

Congratulationsを使用しない「おめでとう」(画像:Unsplash

英語圏でお祝いを述べる時には「Congratulations.」と、その省略形の「Congrats.」で表現することを紹介しました。 ここからは、これらの単語を使わずにお祝いの意思を伝える時の表現方法について紹介します。使えるようになると英会話が楽しくなるのでぜひ覚えておきましょう。