吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞

吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞

  • 吉野彰氏がリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞
  • リチウムイオン電池は充電可能な二次電池
  • リチウムイオン電池はパソコンやスマートフォンにも使われている

リチウムイオン電池を開発した吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞しました。 リチウムイオン電池は充電ができる二次電池です。特徴は小型・軽量で大きな電圧を出せることです。 このような特徴から、スマートホン、ノートパソコンはじめ電気自動車など広い分野で利用され、世の中を大きく変化させました。

旭化成に入社しリチウムイオン電池を開発

吉野彰氏は旭化成工業(現・旭化成株式会社)に入社後、リチウムイオン電池の研究を始めたのは1981年です。 吉野氏をリーダーとするチームが電極に使用する材料が見つからず研究が進まなくなって、あと半年で成果が出なければ他の研究に回されるという危機もあったそうです。 1985年に正極にコバルト酸リチウム、負極には炭素材料を使って大きなパワーを出せるリチウムイオン電池の開発に成功し、その後の社会の進展に貢献しました。

リチウムイオン電池とは?

リチウムイオン電池は繰り返し使用できる二次電池です。小型・軽量で大きな出力が得らるのが特徴で、1990年代初めに実用化されました。 その特徴から携帯電話やノートパソコンなど広範囲で使用されています。詳細を以下で見てみましょう。

充電ができる二次電池

リチウムイオン電池は充放電ができる二次電池の一つです。充電ができない「リチウム電池」と間違えやすいのですが、種類が全く異なります。 リチウムイオン電池を充電すると、リチウムイオンが正極から電解質を通って負極へ移動します。逆に放電はリチウムイオンが負極から正極へ移動することをいいます。 リチウムイオン電池は二次電池の中でも最も大きな電圧が得られて、長期間繰り返しの使用が可能です。