立憲民主党の枝野幸男氏が棚橋泰文氏を「ポチ」と揶揄

立憲民主党の枝野幸男氏が自民党の棚橋泰文氏を「ポチ」と揶揄したことが波紋を広げています。棚橋泰文氏は枝野幸男氏に謝罪を求めていますが膠着事態が続いている状況です。来年度予算案を固める大事な時期になぜ党首である枝野幸男氏がこのような発現に及んだのでしょうか。

原因は棚橋泰文氏の安倍政権寄りの委員会運営

ことの発端は衆議院予算委員会における棚橋泰文氏の委員会運営にあります。日頃から安倍政権寄りの委員会運営を行う棚橋泰文氏に対し、枝野幸雄氏ら野党議員は大きなストレスを抱えていました。 国会には様々な委員会がありますが、委員長は与野党に限らず公平中立の立場であるべきです。しかし過去の歴史からも委員長は所属する政党寄りの委員会運営がなされてきたのも事実だといえます。 ただ棚橋泰文氏の委員会運営はあまりにも酷いため、枝野幸雄氏の激怒を生んだと考えられます。

枝野幸男氏の揶揄に対し棚橋泰文氏が批判

度重なる棚橋泰文氏の野党に対する塩対応ともいえる委員会運営に、枝野幸男氏だけでなく野党幹部は猛反発していました。 こういった状況の折、1月28日の党の会合の中でで枝野幸男氏は棚橋泰文氏を「安倍首相に尻尾を振るポチ」だと揶揄しました。 この発言に対してプライドを傷つけられた棚橋泰文氏は「人を人と思わない発言」として、涙目になりながら激しく枝野幸男氏を批判しました。政治家として対立する党派からの批判を覚悟していた棚橋泰文氏であっても許せなかったのでしょう。