寝屋川事件の概要

寝屋川事件とは、行方不明となった中学生の男女が遺体で見つかった事件のことです。2人を殺害したのは前科8犯の男性でした。 犯人はどういった動機で、なぜまったく接点のない子供を殺害してしまったのでしょうか。

中学生の男女が殺害された

寝屋川事件とは、中学1年の男女が殺された事件です。 殺害された男女は、2人でコンビニやアーケードを歩いていました。出かけることは家族にも伝えていました。また、2人の姿は防犯カメラでも確認されました。 しかし5時を過ぎたところで防犯カメラの映像からは消えてしまい、足取りがつかめなくなってしまいました。2人の姿が消えた同じ時刻、怪しい車が防犯カメラに映っていたため、警察によってすぐに車の持ち主が特定されました。

犯人は前科8犯

事件を起こした犯人には、前科が8犯もありました。捕まった犯人は、今までに何度も類似の事件を起こしていました。 この事件が起こるまでは殺人事件には及んでいないものの、窃盗や監禁事件を起こしていました。特に監禁事件は人を死なせていないというだけで、寝屋川事件との共通点が数多くありました。 殺人事件を起こしたのは監禁事件での服役が終わり、出所したわずか1年後のことでした。