ワイオミング州のニュース番組での電波ジャック

事件の舞台とされているのはアメリカ・ワイオミング州ニオブララ郡にある小さなローカルテレビ局です。その時テレビ局はカラー放送のニュース番組を流していました。 すると突然映像が乱れホワイトノイズの後に不気味な映像と音楽が6分間にわたって流されました。その後何事もなかったかのようにテレビは元のニュース番組に戻ったというのです。 数ある電波ジャック事件の中でもこのワイオミング事件は謎が謎を呼ぶ特別な事件になりました。

意味不明な文章と画像が流れた

電波の乗っ取りはホワイトノイズから始まりました。その後「3333-3333-3333」という数字が現れました。この数字のメッセージは6分の乗っ取りの間に何度も現れました。 その後不気味な男の顔・頭部の映像と14個の意味深なメッセージが続きました。男の映像自体が非常に不気味なものでしたが、これにバックミュージックとして不安をかき立てるような音楽が被さっていました。 メッセージは「We Present A SPECIAL PRESENTATION(特別なプレゼンテーションをお送りします)」に始まって、「ALL GOOD THINGS」(すべての良いものが)」で終わっています。中には「THERE IS TRUTH IN FICTION(真実は虚構の中にあるのです)」というものも含まれていました。