「execute」の使い方

続いては「execute」の使い方について、例文と共に解説していきます。 例文は「死刑を執行する」「計画を実行する」「契約書に署名する」という3つの意味に沿った内容を紹介します。特にビジネスシーンでは2つめ、3つめの例文はよく使用する内容である方も多いでしょう。過去形や現在形への変え方も併せて確認してください。

死刑を執行する

1つめは「execute」の主な意味である「死刑を執行する」を使用した例文を紹介します。 ・The prisoner was executed for murder. (その受刑者は殺人の罪で死刑を執行された。) 例文では「受刑者が死刑を執行された」という受け身である為「was executed」というbe動詞+過去形の形になっています。「execute + for + (代)名詞」で「〜の罪で死刑を執行する」、「execute + as +補語」で「〜として処刑する」という意味になります。

計画を実行する

2つめは「execute」を「計画を実行する」という意味で使用した例文を紹介します。 ・Our company decided to execute the plan. (弊社はその計画を実行することに決定しました。) 他社を交えた事業報告会のようなビジネスシーンで使うことができる例文です。1つめの例文以外に「execute」は職務・計画・命令などを「実行する」「遂行する」「達成する」という意味を持ちます。これらはビジネスシーンでとても使用しやすい表現である為、業務中やプレゼン中に頻出しやすい言葉です。

契約書に署名する

3つめは「execute」の持つ「契約書に署名する」という少し変わった意味の例文です。 ・He executed this Agreement. (彼は本契約書に署名した。) 日常の会話では「execute」は「実行する」で使用することが多いのですが、英文契約書で「execute」の表現が出た場合は「契約書に署名する」という意味で使用します。日常の会話では「実行する」でも問題ありませんが、英文契約書などの特別な場合はそのまま理解し誤った解釈をしないように文脈に注意することが必要です。