「execute」とは

(画像:Unsplash

今回は仕事中に使用することが多い「execute」に関する読み方・意味・品詞などの基本的な知識を解説します。 この「execute」の意味については文章によってさまざまなものを持ちます。正しく理解しなければ大きな勘違いに繋がってしまう為、まずは基本の知識を丁寧に理解しましょう。

「execute」の読み方は「エクスキュート」

「execute」は「エクスキュート」と読みます。 音節は「エク」「ス」「キュート」の3節で分かれており、第一音節の「エク」を一番強く発音し、次に「キュート」を強く発音ます。 最初に「exe」とあることから「エクセ」や「エクゼ」というようにエ段で発音したり濁ってしまったりしがちです。発音記号は「eksikju:t」の為ここは「エクス」が正しい音になります。スピーキングでもリスニングでも間違えやすい為注意が必要です。

「execute」の意味は「処刑する」「実行する」

「execute」は動詞で、主に「処刑する」「死刑を執行する」という意味を持ちます。 その他には職務や計画・命令などを「実行する」「遂行する」「達成する」という意味や、法律や判決・遺言などを「施行する」、そして役を「演ずる」や楽曲を「演奏する」などの意味を持ちます。 さまざまな意味を持つ「execute」ですが冒頭で記した通り基本的には「処刑する」という意味が主なものです。その場合は「execute+目的語+as+補語」で「人を〜として処刑する」と使います。この使い方についてはこの後の項目で詳しく解説します。

「execute」の名詞は「execution」

「execute」が動詞であるのに対して、名詞は「execution」で「エクスキューション」と読みます。 音節は「エク」「ス」「キューション」の3つに分かれ、発音は「execute」とは異なり「キューション」を一番強く発音します。 意味は「処刑」「死刑執行」が主ですが、他にも「実行」「達成」「遂行」、俳優の「演技」、楽曲の「演奏」、芸術作品などの「制作」があります。全て数えられない名詞である不可算名詞です。