1分でわかる東大阪集団暴行殺人事件

東大阪集団暴行殺人事件

  • 発端は些細な恋愛関係のもつれ
  • 互いに集団をつくり暴行の連鎖が始まる
  • 集団暴行殺人事件に発展し主犯格は死刑判決

東大阪集団暴行殺人事件の概要

「東大阪集団暴行殺人事件」には多くの若者が登場します。彼らが時には被害者になり、それを恨みに抱き加害者に変貌しますが、最後には被害者になって殺されてしまうという頭がこんがらがってしまいそうな展開を見せます。 では最初に事件の発端から結末までの大まかな流れを追って見ましょう。

東大阪大学の学生を中心とした女性関係のトラブル

「東大阪集団暴行殺人事件」の発端はよくある恋愛関係のもつれでした。 一人の女性を巡る二人の男の対立がそれぞれの集団間の争いに発展し、やがて集団リンチから殺人事件に行き着いてしまったのです。 本来であれば個人間の争いで終わるはずのトラブルが集団心理の中で大きな事件に発展してしまうのです。

東大阪大学の学生が集団リンチされ生き埋めにされたのち殺害された

「東大阪集団暴行殺人事件」では東大阪大学の学生二人が集団リンチに合い、生きたまま穴に埋められてしまうという恐ろしい結末になりました。 恋愛関係のもつれで仲違いした二人の学生がそれぞれ仲間に助力を頼み相互に暴行を行った結果の事件でした。 彼女をとられた復讐のために相手に暴行を加えた結果、今度は逆に報復を受ける立場になり相手グループのリンチを受け、最終的に殺されてしまったのです。