連続幼女誘拐殺人事件の概要

宮崎勤による連続幼女誘拐殺人事件は日本の犯罪史上最悪の幼児誘拐殺人事件です。無残にも4歳から7歳までの幼女4人が犠牲者となりました。4件の事件は比較的短期間に立て続けに発生し、世間を震撼させました。4件の殺人事件に迫ります。

1つ目の事件

1件目の事件は1988年8月22日に埼玉県入間市で発生しました。宮崎勤は4歳の女児に同市歩道橋で巧みに声をかけては誘い出し、その日の夕方五日市町(現あきる野市)の山林で首を締めて殺害しました。 警察は身代金目的の誘拐事件の可能性を踏まえ慎重に捜査を開始しますが犯人からの連絡はなく、のちに公開捜査に踏み切りました。

2つ目の事件

宮崎勤はこの事件のあと殺害して死後硬直で固くなった遺体に対してわいせつ行為を行い、その様子をビデオ撮影するという行動に出ました。のちに精神障害が疑われたのはこの奇怪な行動も一因でした。 この事件の捜索に進展がないまま第2の事件が発生します。1988年10月3日埼玉県飯能市で7歳の女児が誘拐されます。宮崎勤は路上で「道がわからなくなったのでおしえてくれるかい。」などと話し、車に乗せて誘拐し同じく五日市町の山林で首を締めて殺害したのでした。