1分でわかる大牟田4人殺害事件

大牟田4人殺害事件とは

  • 北村家4人が高見家とその友人の計4人を殺害し死体を遺棄したという凶悪犯罪
  • 生活に困窮した暴力団の一家が金銭を奪うことを目的とした強盗殺人だった
  • 一家4人全員が死刑という前代未聞の判決が下された

暴力団の北村組の一家4人が闇金業を営む高見一家と知人を殺害

生活費に困窮していた暴力団・北村組の北村実雄と北村真美は闇金業を営んでいた髙見小夜子さんから多額の借金をしていました。 北村真美は高見小夜子さんに対して借金で頭が上がらない状態でしたが、財を蓄える髙見小夜子さんに次第に怒りを募らせるようになりました。そこで北村真美は髙見小夜子さんを殺害し金を奪うことを計画しました。 北村真美の計画に夫の北村実雄、長男の北村孝、次男の北村孝紘も同調し、一家全員で強盗殺人を実行に移すことになります。

遺体を川に遺棄し、高見家から金品を奪った

2004年9月16日息子の北村孝と北村孝紘の2人は両親を出し抜き先に金を奪おうと2人で高見家に押し入りました。家に1人でいた次男の高見穣吏さんを襲い車に乗せて逃走します。まだ息のあった高見穣吏さんを絞殺しコンクリートブロックを結び付け川に遺棄しました。 2日後の9月18日北村真美は息子2人に協力を依頼し殺害を決行します。まず高見小夜子さんを睡眠薬で眠らせ絞殺しました。その後長男の高見龍幸さんと友人の原純一さんを拳銃で銃殺しました。 3人の遺体は軽自動車に乗せ川に水没させて遺棄しました。殺害後北村家の4人は高見家に侵入し高見小夜子さんのバッグに入っていた現金26万円を盗んで逃走しました。