インセンティブ制度の設計で得られるもの

インセンティブ制度の効果や影響とは

  • インセンティブ制度は社員のモチベーションを向上
  • 社員・企業双方にメリットがあるがデメリットも存在
  • 導入・設計時の注意点や導入事例も事前に確認が必要

インセンティブ制度とは

インセンティブ制度は英語の「incentive」が意味する刺激や動機、誘因、奨励金などに基づき、従業員に働くことへの意味・メリットを与える仕組みのことです。仕事に対する動機づけとして、働く人にさまざまな形での還元を行います。具体的にはどのような制度なのでしょうか。

社員のモチベーションを維持・向上させるシステム

インセンティブ制度は金銭のやりとりだけでなく、仕事へのモチベーションを維持・向上させるシステム全般をさします。 たとえば仕事で挙げた成果の大きさによって表彰を授与したり、独自のポイント制度を導入したり、旅行券や割引券などの物品を贈呈したりなど形態自体はさまざまです。 従業員が上げた成果や毎日の働きに対し会社が報奨を与え、さらに仕事へのやる気につなげる、これがインセンティブ制度の大まかな仕組みです。

ボーナスや歩合制とは異なる

インセンティブとボーナスの違いは対象が個人であるか社員全体であるかです。ボーナス額は基本的に会社の業績に大きく左右されるのに対し、インセンティブはあくまで個人やチーム単位の評価に応じて報奨が決まります。 次にインセンティブと歩合制の違いですが、歩合はインセンティブと違い完全にお金を意味することが多く、いわゆる成果報酬をさします。 インセンティブ制度は「基本給+インセンティブ」ですが、たとえば完全歩合制になると0から100まで報酬額は成果次第になります。