1分でわかるパリ人肉事件

パリ人肉事件

  • 1981年にフランスで起こった猟奇殺人事件
  • 留学中の日本人男性がオランダ人女性を殺害し遺体の一部を食べた
  • 逮捕されたものの精神鑑定の結果不起訴処分となる

「パリ人肉事件」は1981年6月13日に発覚した猟奇殺人事件です。犯人である日本人留学生が被害者の遺体の一部を食べたことで、世界中の注目を集めました。 今回は「パリ人肉事件」の概要と裁判の行方、事件後どうなったかについて解説します。

【関連記事】リベンジポルノを広めた三鷹ストーカー殺人事件とは

佐川一政による残虐な犯行

「パリ人肉事件」は発覚した1981年6月13日の2日前、同年同月11日に起こりました。パリに留学していた当時32歳の日本人男性がこの事件の犯人です。事件の猟奇性から日本だけでなく世界中から注目を集めました。 ここでは「パリ人肉事件」とはどんな事件だったのか、その概要について詳述します。

フランスの大学院に留学をしていた佐川一政による犯行

「パリ人肉事件」が起こったのは1981年6月11日のことです。フランス・パリにある大学院に留学していた当時32歳の佐川一政が犯行に及びました。 逮捕後にわかることですが、佐川は子どもの頃から人肉を食べたいという欲求を持っていました。そして留学前に日本でも食肉目的でドイツ人女性を襲い、逮捕されています。 しかし父親が女性に示談金を支払ったことで告訴は取り下げられ、佐川はフランスに留学しました。

佐川一政はオランダ人女性を殺害した

1981年6月11日佐川一政は自宅に同じ留学生であるオランダ人女性を招待していました。その口実は「ドイツ語で詩を朗読してもらいたい。」というものでした。 被害にあった女性は美人でスタイルも良く、佐川は以前から愛情を抱いていたとされています。 そして女性が詩の朗読を始めると、佐川は隙を見て女性の背後に近づきます。そして22口径のカービン銃で女性を背後から撃って殺害しました。

【関連記事】外国人女性の殺害事件はこちら