磯野貴理子と元夫の離婚報道

7年前に24歳年下の彼と電撃再婚して世間を驚かせた磯野貴理子ですが、今年5月テレビ番組で離婚を発表しました。 年配の女性と若い男性の「年の差婚」は稀なだけに、2人の婚姻は世間でも注目を集めましたが、婚姻関係の継続はやはり難しかったのでしょうか。2人の離婚原因から高齢結婚について迫ってみます。

建前上の離婚理由は元夫の「自分の子供が欲しい」という願望

5月19日放送のフジテレビ系のレギュラー番組「はやく起きた朝は」の中で、磯野貴理子は「急なんだけどさ」と切り出して、自身が離婚したことを突然話し始めました。 そこで、離婚の理由は元夫が「自分の子供が欲しい」と語ったことであると明かします。しかし、磯野貴理子はそれに対して反対したり激怒したりしたわけではありません。 磯野貴理子は「自然なことじゃないの」「当たり前じゃないの」と言って元夫の気持ちを尊重し、離婚に同意したというのです。

離婚理由に世間から様々な意見が生じた

この離婚理由には世間から様々な意見が出ましたが、大方は磯野貴理子同情する意見でした。「再婚したときから子どもが望めないことは想像できるはず。ひどい」「かわいそう」といった意見です。 一方、少数ながら相手男性に理解を示す意見もありました。磯野貴理子が再婚したのは48歳で、そのとき相手男性は24歳でした。年齢を重ねて、自分の子を欲しくなったしても不思議ではありません。 男性も苦渋の決断だったのかもしれません。いずれにせよ「自然なこと」と受け止めた磯野貴理子の寛容さは立派です。

実際の離婚理由は「元夫の磯野貴理子への金銭的依存」

しかし、上に挙げた理由は建前で、実際の離婚理由は少し事情が異なるようです。元夫の磯野貴理子への金銭的依存を断ち切りたかった事実が考えられます。 元夫が経営するバーの開店資金も磯野貴理子が出したといわれていますが、それ以降、元夫に経済的に依存された状態が続いていたとされています。 2人の夫婦仲は悪くないと思われていましたが、元夫は夜のクラブ遊びが過ぎるという噂も絶えず、まともに稼がない元夫に磯野貴理子の堪忍袋の緒が切れたというわけです。

【関連記事】政治家の不倫騒動の記事についてはこちら!