2016年11月に起きた墜落事故

2016年11月28日ボリビアのビルビル国際空港からコロンビアのコルドバ国際空港に向かっていたラミア航空の2933便がコルドバ国際空港の南にある山中に墜落しました。 航空機にはブラジル1部リーグ・セリエAのサッカーチームであるシャペコエンセの主力選手とチームのスタッフに加えて取材陣が乗っていました。

選手や監督を乗せた飛行機は71名が死亡

この航空機事故では71名が死亡しました。生存者はわずか6名でした。航空機に乗っていたシャペコエンセのメンバーはサッカー南米大陸選手権の決勝ファーストレグに向かう途中でした。 主力選手やチームの首脳陣をも事故で失ったシャペコエンセは壊滅的な状態に陥りました。