闇サイト殺人事件とは?闇サイト殺人事件の概要や犯人の動機、被害者女性に関する情報まで詳しく解説します。

経済

2019年6月5日

「闇サイト殺人事件」という今日的な恐ろしい事件がありました。インターネットの怖さを実感させた事件でもありました。今回ビジキャリでは、この「闇サイト殺人事件」を取り上げます。事件の特殊性や犯行グループの人物像、被害者女性の情報まで幌下げますので参考にしてください。

闇サイト殺人事件とは

「闇サイト殺人事件」とは、2007年8月に発生した「闇サイトで集まった男3人が女性を拉致・殺害しただけでなく、遺体を遺棄した」という史上稀に見る凶悪な殺人事件です。 ここでは、この「闇サイト殺人事件」の経緯や犯人、裁判などについて詳しく解説していきます。

名古屋で起きた強盗殺人事件

「闇サイト殺人事件」は名古屋市で発生した事件です。 2007年8月の深夜、犯人である男3人組は名古屋市千種区の住宅街で帰宅途中の女性会社員を拉致し、愛知県愛西市で殺害しました。そして、その遺体を岐阜県瑞浪市なる山の中に遺棄しました。 この事件の最たる特徴としては、男3人組が過去に面識のない赤の他人同士であり、闇サイト上で知り合い計画を実行したということです。

闇サイト殺人事件の概要

「闇サイト殺人事件」は2007年8月全国に大きな衝撃を与えた殺人事件であり、2019年現在でもいまだにその事件の凶悪性や犯人の残忍さが語り継がれています。 ここでは、この「闇サイト殺人事件」について犯人たちがどのようにして知り合い、どのような犯罪を行ったのかを詳しく解説していきます。

闇サイトで知り合った男性3人による犯行

今まで会ったことがない男性3人が闇サイトで交流して、赤の他人である女性を殺害しました。 男たちは闇サイトで互いの存在を知り、それまでに面識は一切ありませんでした。彼らは誰かから金品を奪うという共通の目的で犯罪計画を練りました。 そして、その犯罪計画を実行に移し、見知らぬ他人である通行人の会社員女性を拉致して殺害し、遺体を遺棄したのです。

帰宅中の会社員女性を拉致し殺害

「闇サイト殺人事件」の被害者である会社員女性は犯人である男3人組に突然拉致されて、殺害されました。 男3人組は2017年8月24日の深夜名古屋市千種区の住宅街にて、帰宅途中であった会社員女性を車の中に無理矢理押し込んで、人通りが少ないくらい場所で彼女を殺害しました。 ちなみに、男3人組は会社員女性より先に別の4人の女性を狙っていましたが、こちらは幸いなことにいずれも失敗に終わりました。

1/3

続きを読む

関連記事