大津事件の概要

(画像:Unsplash

大津事件はロシア帝国皇太子ニコライ2世が日本を訪れていた最中、大津で警護の巡査に切りつけられ負傷した事件です。当時の日本は近代化の緒についたばかりで、世界でも列強に位置づけられるロシア帝国から報復される恐れがあるという緊迫した状況に陥りました。大津事件とはどのような事件だったのでしょうか。

1891年に滋賀県大津市で起きた暗殺未遂事件

1891年5月11日に日本を訪問中のロシア帝国皇太子ニコライ2世が滋賀県大津町(現在の大津市)で警備担当の警察官に襲われ負傷しました。 皇太子はシベリア鉄道の起工式に参列する目的でエジプト、インド、中国などを歴訪し日本を訪問後ロシアへ向かう予定でした。 日本政府は皇太子の訪日を歓迎するため有栖川宮威仁親王を接待係に任命して準備していました。

来日中のロシア・ニコライ皇太子が負傷

ロシア・ニコライ皇太子が人力車で大津町内にさしかかると、警備担当の津田三蔵巡査が皇太子にいきなりサーベルで切りつけられ頭に傷を負いました。 この時人力車の車夫をしていた向畑治三郎と北賀市太郎が津田を阻止したため皇太子のけがは軽く済みました。この功によって後に二人には勲8等と年金が贈られました。 有栖川宮威仁親王が事件を天皇に報告すると天皇はすぐさま皇太子を見舞い、東京訪問を止めて神戸から帰国する皇太子を神戸まで見送りました。