主犯格のカミンスカス操被告

主犯格のカミンスカス操被告は積水ハウスが約55億円もの被害にあった「地面師」事件の主導者の1人と見られています。 取引の場では地主役に付き添い、偽物と発覚しないよう手立てを講じたとされ、少なくとも1億円の分け前を受け取ったとされています。 カミンスカス操被告は逮捕直前にフィリピンに逃亡していましたが、2019年1月にフィリピンで拘束されていました。

東京地裁での裁判で懲役11年の判決

6月10日、カミンスカス操被告は東京地検から14年の懲役を求刑されていましたが、東京地裁の判決によって懲役11年が言い渡されました。 東京地裁は当初、5月20日にカミンスカス操被告に対して判決を言い渡す予定でしたが、カミンスカス操被告が拘置所の中から裁判長宛に手紙を書いたことがきっかけとなり、延期となっていました。 通常、被告が裁判長に手紙を書いたとしても裁判が延期になることはないため、何か新しい証拠が手紙から発覚したのではないかという憶測もありました。 しかし、結局はカミンスカス操被告の有罪が決定した形になります。

積水ハウスを落とし込めた地面師集団

積水ハウスを落とし込めた地面師集団は五反田駅から徒歩3分という好立地の土地の売買を持ちかけました。 この持ちかけに対して阿部社長(当時)自ら現場に訪れるなどトップが積極的にこの契約を推し進めていました。