マニュアルの意義

(画像:Unsplash

どんな業界や職種であっても、社内に「マニュアル」は存在します。 なぜなら業務の標準化や定型化、効率化をはかるうえで大事な役割を担うからです。 ここからはマニュアルの意義を具体的に説明します。

業務のクオリティの担保

マニュアルの意義の1つ目は、業務のクオリティを担保できることです。業務推進の過程がマニュアル化され、それを全員が問題なく運用すれば作業の抜けや漏れが減らせます。ミスの防止にもつながり、業務クオリティの維持にも役立ちます。 また、新卒や中途採用などで新人が加わった際には、行動指示書として機能します。 マニュアルを読むことで仕事の全体像をつかみ業務内容を理解できれば、先輩社員がつきっきりで指導する必要もありません。

業務の引き継ぎを円滑化

企業の規模が大きくなればなるほど、退職も含めた人事異動の可能性が高くなります。業務推進を個人の力に頼っていると、人事異動によって業務効率が下がることもありえます。 マニュアルを作成することで、業務の引継ぎが円滑化が可能です。作業手順がわかれば、未経験者でもマニュアルにそって仕事ができます。 また、人によって業務の引継ぎを行うより、時間短縮ができるというメリットもあります。

業務に対する認識を共通にする

マニュアルがあると、業務について共通認識が持てます。判断基準がマニュアルになれば、社員間の意思疎通もスムーズになるはずです。 またマニュアルによって業務が標準化されるので、社員一人ひとりの業務遂行能力を計れるようになります。それにより、社員の人事評価を行っている企業も多いようです。 マニュアルによって仕事における質と量の目安を決めておけば、それを社員の教育システムの構築に生かすこともできます。