艱難辛苦(かんなんしんく)の読み方と意味

あなたは「艱難辛苦」という言葉の正しい読み方や意味を知っていますか。この言葉は日常生活で使われることはほとんどありませんが、難しい意味ではないので知っておくと良い四字熟語です。 この記事では「艱難辛苦」の類義語や対義語も紹介しますが、まずはこの見出しで基本的な読み方と意味を理解しておきましょう。

艱難辛苦の読み方は「かんなんしんく」

「艱難辛苦」の読み方は「かんなんしんく」です。それぞれの漢字の読み方は「艱」は「カン」「かたい」「くるしい」「むずかしい」、「難」は「ナン」「むずかしい」「かたい」、「辛」は「シン」「つらい」「からい」、「苦」は「ク」「くるしい」「にがい」です。 カタカナ表記は音読み、ひらがな表記は訓読みの読み方ですので、「艱難辛苦」はそれぞれの単語の音読みの良い方を合わせた読み方になっています。

艱難辛苦の意味は「困難なことに直面し苦しむこと」

「艱難辛苦」の意味は「困難なことに直面し苦しむこと」です。読み方からも分かる通り、「艱難辛苦」に使われている漢字には「むずかしい」「つらい」「くるしい」などの意味があるものなので、その漢字を合わせることで「困難なことに直面し苦しむこと」という意味になります。 「苦しい・難しい状況」という意味だけではなく、「苦しむ」という意味もありますので、「人が悩み苦しんでいる状況」を描写する言葉です。

艱難辛苦(かんなんしんく)の語源や由来

この四字熟語は、2つの二字熟語に分けると意味が分かりやすくなります。 「艱難」は「困難な状況で悩み苦しむ」「苦労する」という意味で、「辛苦」は「辛い・苦しいと思うこと」という意味なので、この意味を合わせれば「困難なことに直面し苦しむこと」という意味になります。 これらの意味から、「艱難」と「辛苦」それぞれの熟語の意味が反映されていて、簡単に意味が理解できる漢字であることが分かります。