ユニゾHDのEBOへの対抗

ユニゾHDは、2月9日に同社のEOB(チトセア投資)が提示した普通株式1株5,700円の買い付け価格に同意する意向を公表していましたが、一方で、2月6日にブラックストーンが同社に示した合意書に署名していました。 ブラックストーンは1月28日に、ユニゾHDに対し普通株式を1株5,600円で買い付ける提案をし、それまで最高値だったチトセア投資の1株5,100円に対し10%のプレミアムとなっていました。 それに対しチトセア投資は、2月9日に1株5,700円まで引き上げ対抗しますが、これに対しブラックストーンは同月25日に1株6,000円の買い付け価格を提案したと発表しました。

ユニゾ株は大幅続伸

この発表を受けユニゾHDの株価は大幅続伸し、21日の終値5,850円から25日は6,010円(+2.74%)とブラックストーンの提示額6,000円とほぼ同じとなっています。 ユニゾHDの株価は、昨年8月に旅行会社大手のH.I.Sからの買収提案を受けてから、1株4,000円台後半で推移していました。 ブラックストーンは、前回提示額よりも5%プレミアムをつけての買い付け価格を提示し、改めて署名済みの合意書をユニゾHD側に提示し、履行を求めていく考えです。

終わらないユニゾTOB

本件TOBは、昨年8月にH.I.SからTOBの提案をうけてから、米ファンドフォートレス、ブラックストーンが参加し、買い付け価格は高騰しました。 一時はブラックストーンがTOBを成立させるかに思えましたが、ユニゾHDは自社の企業価値の維持向上と従業員保護が見込めないとして反対の意向を表明し、従業員と米投資ファンドローンスターが共同で設立したチトセア投資に対して賛成の意向を示していました。