サーキットブレーカーの役割

サーキットブレーカーの大きな役割は、「株式相場の安定化」「投資家への冷静な判断の促し」を実施することです。急激な株価の変動による、株式市場および世界の混乱を防ぐ目的があります。

ブラックマンデーを受け導入

サーキットブレーカー制度の起こりは、1987年10月19日に発生した世界同時株安、ブラックマンデーが要因となっています。世界中が大混乱したという重い結果を受け止め、ニューヨーク証券取引所にて導入されました。 日本では1994年2月14日より、東京証券取引所と大阪証券取引所にて取り入れられています。

株式市場の大幅な変動時に発動

先物市場・オプション市場等の株式市場にて、株価相場に一定以上の変動が見られた場合に発動します。「このまま株の売買が続くと経済に多大な影響が出る」と判断されたとき、取引の中断および停止処置が取られます。 とくに将来的な売買を視野に入れた先物取引における、過度な価格変動や先行を抑える効果が大きいです。