「造詣」(ぞうけい)の要点

  • 意味:「ある分野の深い知識や技術力」
  • 例文:「彼は中東情勢に関する造詣が深く、関連書籍も出版したことがある。」
  • 類語:「精通」「博識」「見識」
  • 英語:「detailed」「knowledge」「attainments」

「造詣」の読み方は「ぞうけい」

「造詣」という言葉は日常生活で頻繁に使う言葉ではありませんが、意外と使われるシーンが多くきちんと理解しておく必要がある単語の一つです。 この記事では「造詣」の使い方や英語表現についても紹介していきます。まずこの見出しで正しい読み方と意味を理解しておきましょう。

「造詣」の意味は「ある分野の深い知識や技術力」

「造詣」の意味は「ある分野の深い知識や技術力」です。「造」は「少しつづ進んでいく」「物事を仕上げる」という意味で、「詣」は「進んでいく、あるところにたどり着く」という意味です。 2つの漢字の意味を合わせると、「あるところに進んでいき、物事を仕上げる」という意味になります。直接「造詣」の意味にはなりませんが、「特定分野の知識や技術が深く仕上がっている」とすれば、「造詣」の意味が理解できます。

「造詣」の類語は「精通・博識・見識」

「造詣」とは「ある分野の深い知識や技術力」という意味でした。やや難しい言葉ですが、この意味をしっかりと理解しておきましょう。 ここからは、「造詣」という言葉と意味が似ている日本語表現を3つ紹介します。それぞれ、意味が似ている点と異なる点を区別しながら理解しておきましょう。