1分でわかるnhkの受信料

3種類あるnhkの契約方法

  • 地上契約
  • 衛星契約
  • 条件による割引契約

nhkの受信契約には、地上契約・衛星契約・条件による割引契約があり、人によっては支払っている金額が全く違う場合もあります。 最も安い契約は地上契約であり、衛星放送を含む衛星契約は多少金額が上がりますが、割引制度を知っていれば受信料を減らすことも可能です。 何かと話題に挙がるnhkの受信料ですが、受信料の仕組みを知っている人は意外と少ないのが現状と言えるでしょう。

nhkの受信料

nhkは、今やYouTubeや選挙などでも話題に挙がる存在となっています。これはひとえにこれまでの受信料制度が問題視されているからに他なりません。 とはいえ、ある意味当たり前のように支払ってきたnhk受信料は、その制度がどうなっているのかを知られていないことが多くあります。今回は、改めてnhkの受信料制度について1つずつ紹介していきます。

nhkの受信料は衛生契約と地上契約で異なる

nhkの受信料は、主に衛星契約と地上契約に分かれています。よって、各家庭の通信状況で受信料に違いが出るのです。 中には、地上契約でよいところを引っ越しなどで衛星契約のままになっていることもあるため、確認はこまめに行う必要があります。また、分割払いか一括払いによって受信料に差が出るため、知らないうちに損をしていることもあるので注意が必要です。 このように、契約内容や支払い方法を理解しておくだけでも受信料を減らすことが出来ることを覚えておきましょう。

クレジットや口座振替などの設定がある

nhkの受信料を支払う際、振込用紙の他にもクレジット支払いや口座振替が存在しています。 少しでもnhkの受信料を減らしたいと考えるなら、手数料が高い振込用紙では支払わないようにしましょう。 クレジットと口座振替では、クレジットの方がお得な払い方だと言えます。クレジットは、口座振替と支払う金額自体は変わらないのですが、ポイントが付与されるからです。 少しでもnhkの受信料を減らしたいなら、クレジットに切り替えておきましょう。