1分でわかるバターン死の行進

バターン死の行進とは

  • 捕虜収容所まで100㎞を超える距離を炎天下の中行進
  • 約1万人~1万2千人の捕虜が死亡
  • 本や書籍、映画でメディア化

バターン死の行進はマリベレスから捕虜収容所があるサンフェルドナルドまで100㎞を超える距離を歩かされた事件です。 捕虜収容所にたどり着くまでにマラリアやデング熱・赤痢などの病気や栄養失調などで約1万人~1万2千人が亡くなりました。バターン死の行進は様々形で本や書籍・映画に残されています。

バターン死の行進の概要

バターン死の行進は第二次世界大戦に日本軍がフィリピンを攻略した際に捕虜を捕虜収容所まで長距離を歩かせて大勢の死者をだした事件です。真相や真実は必ずしも明らかになっているとは言えない事件ですが、可能な範囲でその真相に迫ってみましょう。

フィリピン進攻作戦において米比軍の捕虜が多数死亡した行進

4月のフィリピンは一年で最も暑い乾季です。日中の気温は連日40度を超えます。捕虜達はそのような時期に満足な食糧もなく炎天下を何日も歩き続けなければいけませんでした。 しかも当時は戦争中であり衛生面も最悪の状態でした。またマリベレスではマラリアやデング熱、赤痢などの流行性の病気が充満していました。 フィリピン進攻作戦において米比軍の捕虜が大勢死者がでたので「バターン死の行進」と名付けられました。

捕虜たちは捕虜収容所に鉄道とトラックではなく徒歩で移動

捕虜たちは捕虜収容所に鉄道とトラックではなく徒歩で移動しました。当初移動計画は長距離を歩く予定ではありませんでした。 しかし計画通りにはなりませんでした。原因の一つはトラックや鉄道の確保ができませんでした。二つ目は予想外に多い捕虜の人数でした。 そこで捕虜たちは長い距離を歩き続けることになってしまいました。何日も歩き続けて栄養失調や病気にかかる捕虜たちも多くなり、大勢の死者が出てしまいました。