暴言を吐かれたり陰口や噂を立てられる

職場で暴言や陰口、根も葉もない噂などの被害にあうといったいじめの例もあります。 このようないじめは主に同僚や部下から受けることが多く、噂話をされている場合は気づくまでに時間がかかったり、気づいた時には会社中に噂が広まっていてそのイメージを払拭することも難しくなります。 また管理職としての仕事がうまくできなかった場合に、部下どうしで出来の悪い上司に関する噂話をしたり陰口を叩くこともあります。

コミュニティからの排除

職場では仲の良い友人もできますが、出来上がったコミュニティから排除するといったいじめもよく起こります。 これはそれまでずっと仲良くしていたものの、そのコミュニティの人同士で同じ異性に対して恋愛感情を抱いたり、1人だけが昇進・昇給した場合に起きることが多々あります。 将来の資格の勉強のため飲み会に参加しないことなどによって「ノリが悪い」と排除されたりと、いわゆる「仲間はずれ」が大人の間でも見られます。

不当な減給

不当に減給されるといったいじめの方法もあります。 昇進の阻止と同様のパワハラで、目立ったミスやトラブルを起こしているわけでもないのに翌期からの減給措置が取られることをいいます。 これも上司による特定の社員へのいじめであり、こうした判断に明確な根拠はなく個人的な感情で行われていることがほとんどです。もちろん、これは違法なので、法的機関に相談する必要があります。

地方への出向、異動

地方への出向という形でも、いじめやパワハラは起きることがあります。 社内の派閥争いなどで不用意な発言をして現在の営業所内での立場が悪くなった結果、地方に不当に出向させられるといったことが考えられます。また、営業成績が振るわない社員が地方に飛ばされてしまうという例もよく起きるいじめの一つです。 全国に支店を持つような大企業によくあるいじめのパターンです。