伊勢湾に浮かぶ渡鹿野島とは

渡鹿野島は伊勢湾にほど近い、的矢湾に浮かぶ小島です。所在地は三重県志摩市で、古くは海上運送の補給地、待避所にもなっていました。しかし1970年代頃までには、風俗産業が盛んな売春島として有名になっていました。

かつて船の停泊地として栄えた

渡鹿野島は江戸時代、「風待ち港」と呼ばれて栄えていました。当時の船舶の運航は風や波に大きく左右されたので、文字通りに風を待つ待避所として親しまれていたのです。 江戸~大阪間を結ぶ海上航路の途中にあったことから、港には数多くの船が立ち寄りました。こうした船の乗員を目当てとして、飲食業や宿泊施設も出されるようになり、かなり賑わっていたようです。 また船乗りを相手にして、島民の女性が駄賃と引き換えに夜とぎすることもありました。今で言う売春です。やがて島民の中から売春目的に、島外から養女を身請けする者達が出始め、渡鹿野島で置屋(売春宿)文化が発展していきました。

風俗業、観光業をメインとし急成長

港町として栄えた渡鹿野島と性風俗は、切っても切れない関係にありました。しかし渡鹿野が売春島として急速に発展したのは、第2次大戦終戦後になってからのことです。 1960年代後半、四国や九州などから移住してきた女性達が、スナックバー形式の置屋を始めました。これが後に売春島となる風俗業態の直接のルーツとなります。 島のホテルでは宴会と呼ばれるサービスが主流だったようです。島外の観光客がコンパニオンのように派遣さた女性と酒の席を共にして、女性の住居に迎えられる流れでした。表向きには観光客として扱うものの、実質的には円滑に買春を行うシステムだったのです。