台湾の旅券から”CHINA”を除くことを検討

1分でわかるニュースの要点

  • ”CHINA”削除の声は中国人差別がきっかけ
  • 台湾と中国、過去の歴史からの複雑な関係
  • コロナ封じ込め成功の台湾、WHO加盟可否は?

中国人と判断されないことが目的

パスポートの修正を求める声の多くは「海外で中国人と間違われたくない」というものです。台湾パスポートの表紙を見ると、「中華民国」という漢字表記と”REPUBLIC OF CHINA”および”TAIWAN”の英文表記があります。 ”TAIWAN”の文字は「中国人と誤解されて困る」との背景から2003年に追加されたもの。しかし”CHINA”という表記ゆえに、中国人と誤解されるケースが続いているようです。

世界的に中国人に対する差別が横行

「中国人と間違われたくない」という主張は、コロナ問題による中国人差別が影響しています。飲食店の入店を拒否されたり、侮辱的な発言や暴言を浴びせかけられた等の報道もあります。 台湾の野党系シンクタンクが3月に行った世論調査では、パスポートから”CHINA”の文字を削除すべしとの意見を支持する人は74.3%に及びます。また複数の立法委員(国会議員に相当)や地方自治体の首長などからも削除を支持する声が上がっています。

元より関係が良くない台湾と中国

台湾と中国との複雑な関係は今に始まったことではありません。中華民国は1942年に内戦で分裂しました。毛沢東が率いる共産党は中華人民共和国を宣言します。一方、蒋介石が率いる国民党は台湾に逃れます。これが2つの国の複雑な環境の原点です。