近藤誠という人物

近藤誠とは

  • 近藤誠氏は日本で初めて乳房温存療法を提唱した医師
  • 1996年に出版した「患者よ、がんと闘うな」がベストセラーとなる
  • 現在は近藤誠がん研究所の所長として、がんのセカンドオピニオン外来で診察にあたる

「近藤誠」氏は1988年に日本で初めて乳がんの乳房温存療法を提唱した医師です。「がんを放置する」という独特の方針で、治療を目的とした外科手術・化学療法・放射線療法は不要という持論を主張しています。 今回は「近藤誠」氏の人物像や著作、彼の方針に対する意見などについて解説します。

近藤誠の経歴

「近藤誠」氏は1948年に東京都内の開業医のもとに生まれました。そして出身大学である慶應義塾大学の放射線科でキャリアをスタートさせます。しかし1988年には大学の治療方針とは異なる「がんは放置」という主張を始めます。 ここでは「近藤誠」氏の経歴について、詳述します。

慶應義塾大学医学部を卒業

1961年に慶應義塾中等部に入学した「近藤誠」氏は慶應義塾高等学校を経て、1967年に慶應義塾大学医学部に進学します。 そして1973年に同学部を首席で卒業し、同・放射線科に入局し医師国家試験にも合格しました。 1976年には慶應義塾大学医学部放射線科助手に就任し、がんの放射線治療を行うようになります。慶應義塾大学医学博士の学位を修得したのは、1980年のことでした。

アメリカ留学

慶應義塾大学医学部放射線科助手に就任した「近藤誠」氏は、1979年にアメリカ留学を果たします。粒子線治療を学ぶためにロスアラモス国立研究所のパイ中間子治療施設に勤務したのです。 しかし近藤氏は早々に粒子線治療に見切りをつけ、翌年の1980年には日本に帰国しました。そして医学博士を修得した後、国立東京第二病院(現国立病院機構東京医療センター)核医学センターに勤務します。 その後1983年には慶應義塾大学医学部専任講師に就任しました。