サッカー代表で待遇が異なる男女

アメリカサッカー女子代表選手は同男子代表選手に比べて不当に賃金が低いのは同一賃金法に反するとして、米サッカー連盟に対して損害賠償6600万ドル(約70億6千万円)の支払いを求める訴訟を起こしていましたが米カリフォルニア中央地区連邦地方裁判所はこれを退けました。

敗訴も上訴する見通し

判決によると報酬は1試合平均額及び累計額も男子代表チーム以上の報酬を受けているとして、アメリカサッカー女子代表チームの主張は事実ではないと判決理由を述べています。 女子代表チームの選手らは判決は不当なものだとして、平等を求める闘いを諦めるつもりはないと上訴する構えを見せています。 選手側はチームの主張には自信を持っているし、サッカーをプレーする全ての女性のために闘いを続けるとしています。米サッカー女子代表のミーガン・ラピノー氏は自身のツイッターを通じて、「平等のために闘うことを決して諦めない」とコメントしています。

スポーツの賃金等にある男女格差

スポーツ界における男女の賃金格差はサッカーだけではなく様々なスポーツで選手が問題提起しており、テニス界では元世界ランキング1位のセリーナ・ウイリアムス氏が男女の賃金格差について声を上げたことで話題になっています。