「required」の読み方と意味

(画像:Unsplash

「required」は英語をビジネスで使うことがある人にとってはよく目にする単語で、海外旅行などでビザの申請をしたりする時にも「required」は頻出します。今後、英語を使う機会が増えてくることを踏まえると「required」は知っておきたい単語です。 まずは、「required」の読み方と意味から確認しましょう。

「required」の読み方は「リクアイアード」

「required」は「リクアイアード」と読みます。アクセントは最初の「ア」に置きます。 また、最後の「ド」の音は有声音として発音します。有声音は喉の震えを利用して発音する音のことで、「ド」の発音が正しくできていると喉が震えます。喉に手を当てて確認してみましょう。 実際にネイティブの発音を聞き、繰り返し真似することが発音上達への道です。

「required」の意味は「必須の」

「required」は「必須の」「必修の」「必要な」という意味です。「required」の原形は動詞の「require」で、「必要とする」「要求する」を意味します。この過去分詞形の「required」が、形容詞としても使われるようになりました。 「必修科目」を「required subject」と言います。知っておくと教育の話をする時に役立つ熟語なので、覚えておきましょう。

「required」のビジネス例文

(画像:Unsplash

ビジネスの場面では必須事項のやりとりをよくするため、「required」が頻出します。「required」をビジネスでどのような使い方をするのかということを具体的なシーンと例文を挙げて説明します。 後ほど解説する「資格要件」の場面では必ずと言っていいほど「required」が登場するので、ぜひ押さえておいてください。