ハラスメントの意味は「嫌がらせ」のこと

(画像:Unsplash

ハラスメントとは「日常生活において精神的な苦痛を与えたり物質的な損失を与えたりする行為」で、一言でいえば「嫌がらせ」のことです。 気をつけなければいけないのは、ハラスメントには定量的で厳密な定義は存在しないことです。ある行為がAさんにはハラスメントになってもBさんには何でもないということがあります。基本的にハラスメントかどうかはそれを受ける側がどのように感じるかで決まります。

ハラスメントは英語の「harassment」に由来する

ハラスメントは英語で「harasment」です。「harass」は「嫌がらせをする」という意味の動詞でこれの名詞形が「harassment」です。 「harassment」に様々な単語を付けて特定のハラスメントを表現しますが、上司など立場を利用した嫌がらせである「power harassment(パワーハラスメント)」などは日本が発祥で、それが英語にもなりました。

様々なハラスメントの種類とその事例

(画像:Unsplash

ハラスメントには多くの種類があり、26種類あるともいわれています。パワーハラスメントやセクシャルハラスメントは多くの人に知られていますが、ヌードルハラスメントなどあまり知られていないものもあります。 時代によって類型が変化する様々なハラスメントの一部を以下で紹介します。

パワー ハラスメント

パワーハラスメントは「権力や立場を利用した嫌がらせ」のことです。意外にもパワーハラスメントは日本で生まれた言葉で、2001年に岡田康子氏によって提唱されました。 パワーハラスメントは加害者に自覚がないことが多く、加害者は通常の指導と思い込んでいるケースが多く見られます。 パワーハラスメントの形は様々です。暴力による身体的な攻撃は論外ですが、孤立化させたり過大な業務の要求をしたりと精神的に追い詰める行為もパワーハラスメントと見なされる場合があります。