1分でわかるフェートン号事件

フェートン号事件とは

  • 日本が鎖国していた1808年にイギリス軍艦が長崎港に侵入
  • イギリス人は敵国であるオランダ人を人質に水・薪・食糧を要求
  • 日本の警備体制の甘さが露呈したことで、イギリス船が多く来航するようになる

フェートン号事件の経緯と概要

(画像:Unsplash

フェートン号事件は1808年10月4日に長崎港内で起こりました。イギリス軍艦であるフェートン号がオランダ船を装って侵入し、オランダ人2名を人質にとります。長崎奉行は人質解放を求め、フェートン号の船員との交渉を余儀なくされました。 ここではフェートン号事件の流れについて詳述します。

フェートン号がオランダ船を装い長崎港に侵入

1808年10月4日にイギリス軍艦であるフェートン号のフリートウッドペリュー艦長はオランダ船を拿捕するために長崎港に侵入することを決めます。これはイギリスのベンガル総督であるミントー氏の政策でした。 その目的を達成するためフェートン号にオランダ国旗を掲げオランダ船を装って入港しました。 出島にいた長崎奉行の役人もオランダ船だと疑うことはありませんでした。

出迎えにきたオランダ商館員2名を拉致し要求を提示

出島にいた長崎奉行の役人とオランダ商館員2名は入港してきたフェートン号を小舟で出迎えます。しかし小舟がフェートン号に着いたタイミングで、国旗はイギリス旗に差し替えられました。 そしてフェートン号の船員はオランダ商館員2名を人質にとりました。同行していた役人は人質を返してくれるようフェートン号に頼みました。 しかしフェートン号はその要求に応じることなく、長崎奉行に対して水・薪・食料を要求しました。