三島事件の概要

「三島事件」とは三島由紀夫がアメリカの占領下で弱体化している祖国を憂い、自衛官に決起を呼びかけたクーデターです。三島由紀夫は陸上自衛隊駐屯地の本館バルコニーでの演説を終えると割腹自殺しました。三島由紀夫が命を賭してまで国民に訴えたかったこととは何だったのでしょうか。

1970年に作家・三島由紀夫が割腹自殺した事件

三島由紀夫は代表作である「花ざかりの森」で作家として高い評価を受けますが、米国支配によって弱体化していく日本の将来を憂う気持ちが萎えることはありませんでした。 1970年11月25日、三島由紀夫は楯の会のメンバーとともに市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地で自衛隊の決起を呼びかけます。しかし自身の声が隊員に届かないことを知ると割腹自殺を果たし自ら命を絶ちました。

楯の会のメンバー・森田必勝も割腹自殺

三島由紀夫が割腹自殺を果たすと森田必勝は三島由紀夫の首に軍刀を振りおろし介錯を行いました。総督はとどめを刺さすなと森田必勝を説得しましたが、その声は届きませんでした。 三島由紀夫が絶命したことを見届けると、森田必勝も短刀で腹を突き刺し切腹を果たしました。森田必勝の介錯は楯の会のメンバーである古賀浩靖が務めました。