ボーナスを計算する前に給料との違いを確認

ボーナスと給料の違いはどこにあるのでしょうか。給料は通常毎月支払われる労働の対価ですが、ボーナスは労働の対価だけでなく恩恵的な給付であるとされています。 このように両者の性質は異なりますが、支払われる額面から税金や社会保険料を控除して支給されることになる点では共通しています。ただし控除される税金や社会保険料の計算方法が給料とボーナスでは異なるので注意が必要です。

【関連記事】年収600万円の税金や社会保険料に関する記事はこちら

ボーナスの計算方法

ボーナスは給付の総額(額面)から社会保険料と所得税を控除される形で計算されます。給付の総額は会社の賞与規程や業績によって異なりますが、大企業の場合給与の2~3か月とされることが多いとされています。

社会保険料の計算

社会保険料には健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料があります。社会保険料は所得税と違って累進税率が採用されていないためその率は一定です。健康保険料は9.90%であり厚生年金保険料は18.3%です。 ボーナスの収入額(額面額)に社会保険料率を乗じた額を会社と従業員が折半して支払うので、結局控除されるのはその半額です。