「endorse」の読みと語源

ビジネスにおいて英文記事を読む際に「endorse」は比較的頻出する単語と言えます。 「聞いたことがあるけど、大まかな意味しかわからない...」「類義語との違いがわからない...」そういった疑問の解消には例文を通した解説が必要です。 ビジネスシーンでは、ニュアンスの違いを理解することから精度の良い用語の使い分けができるようになります。

「endorse」の読みは「エンドォース」

「endorse」はカナ表記で「エンドォース」、発音記号は「endɔ́ːrs」と読みます。「en・dorse」で音節が分かれています。アクセントは「dorse」の方にあるので、「エン↓・ドォース↑」と上がるのが正しい発音とされています。 「endorse」は短い単語ですが、正しい発音をすることは単語の正しい理解にもつながります。単語を覚える際にも役立つので、発音だけでもぜひ覚えておいて損はないはずです。

「endorse」の語源

「endorse」とは「(小切手などに)裏書きをする」行為が元であるとされています。また、古フランス語の「endosser(=背負う)」という意味の言葉が語源であるとも言われています。 アメリカでは小切手を使用する習慣がありますが、そのやりとりから生まれた言葉です。個人や企業がなんらかの支払いの際に小切手を頻繁に使用し、小切手の裏に承認をした証となる署名をする行為を「endorse」と言ったことが語源であると言われています。

「endorse」の意味

「endorse」は「(小切手などに)裏書きをする」、「〜を(公に)承認する」、「(商品・サービスなどを)(広告・宣伝で)推奨する」などが主な意味になります。 言葉の成り立ちから見てみれば、「en-(上に)」と「-dos(背中)」から成り、「(事柄を)背負って承認する・支持する」の意味に繋がることがわかります。 以下にて具体的な例文と一緒に解説します。