聡明とは

「聡明」はビジネスシーンでもプライベートな日常会話でもよく使う言葉です。通常はあまり意識しないで使っていますが、正しく使うためにはよく似た言葉とのニュアンスの違いなどを意識する必要があります。 まずは「聡明」の読みと正しい意味をおさらいしておきましょう。

聡明の読み方は「そうめい」

「聡明」は「そうめい」と読みます。二つの漢字はどちらも音読みです。 「聡」は音読みで「そう」、訓読みで「さと(い)」と読みます。「明」はよく見かける漢字ですが、音読みで「めい・みょう・みん」、訓読みで「あか(るい)・あき(らか)」などと読みます。 二つの漢字の訓読みを見れば「聡明」の意味もほぼ想像がつきます。

聡明の意味は「頭の回転が早く賢い」

「聡明」の意味は「頭の回転が早く賢い」です。「聡」と「明」のそれぞれ漢字の「へん」を見れば想像がつきますが、「聡」は「耳が良く聞こえる」ことを表し、「明」は「目がよく見える」ことを表します。 したがって、「聡明」は「物事をよく聞き、よく見る」ことから「物事をよく理解し、道理を判断できる」すなわち「頭の回転が早く賢い」という意味となります。 なお、「聡明」は神様に供える餅などの意味でも使われます。

聡明の類語は「賢明・利口・知的」

「聡明」の類語には「賢明・利口・知的」などがあります。これらの類語も公私を問わず日常的によく見聞きする言葉ですが、これらの違いを理解して使い分けることができているでしょうか。 「聡明」の意味や言葉の由来が理解できたところで、次にこれらの類語を見てみましょう。