行き詰まりをなくすこと

ブレイクスルーには「行き詰まりをなくすこと」と言う意味があり、それは個々人の努力と密接に関係しています。 つまり、物事がうまくいかなくなっても、めげずに努力を重ねていけば、いつかは突破口を見出すことができるからです。 たとえば、以下のような例文がよく用いられます。 ・新商品の研究開発に行き詰まったが、毎日不断の努力を重ねてきた結果、ブレイクスルーとなるアプローチを見出すことができた。

会社の存続を揺るがす大きなトラブルを何とかして解決した場合

どんなビジネスであっても、トラブルはつきものです。特に、会社の存続を揺るがす大きなトラブルを何とかして解決した場合、それをブレイクスルーと呼ぶことがあります。 たとえば、以下のような例文がよく用いられます。 ・異常な円高により我が社の経常利益が大幅に悪化したが、いくつかの部門を他社に売却することで何とか持ちこたえ、幸いにもブレイクスルーを経験できた。

実際にブレイクスルーで成功した企業の事例

alt = "ブレークスルー事例"

alt = "ブレークスルー事例"(画像:pixabay

大きな困難や行き詰まりに直面しても、巧みな戦略や不断の努力を通じてブレイクスルーを経験することで、急成長を遂げた企業はいくつもあります。 ここでは、実際にブレイクスルーに成功した企業の実例を3つご紹介します。

事例①コクヨ

文具大手のコクヨは、自社製品のノートを中国で生産しようとしていた矢先、その中国で日中関係の悪化の影響で日本製品の不買運動が発生しました。 コクヨはそのトラブルから自社の中国事業を守るため、自社製品の明らかなパクリである中国企業のノート製品も生産すると言うブレイクスルーを思いつきました。 これにより、他の日本製品が中国では売れない中、コクヨの製品だけは順調な売れ行きを見せるようになりました。