スケールの「拡大する」の意味での使い方

スケールには「スケールする」という表現があり、「拡大する」と言う意味を持ちます。主に以下の例文のような使われ方をします。 ・もしもこの事業がうまく成功したら、他の事業もスケールするつもりだ。 ・今期は新商品の売上げが好調なこともあり、前期よりも総利益がスケールしました。 このように、事業規模を拡大する時や会社の業績が良くて利益が増大する時にスケールを用いることができます。

スケールの「縮小する」の意味での使い方

スケールには「スケールしない」という表現もあり、こちらは逆に「縮小する」と言う意味を持ちます。以下の例文のような使い方をします。 ・この事業が今年成功しなければ、スケールしない方針に切り替える。 ・今年は全国的な不景気もあって、昨年より利益がスケールしなかった。 事業規模を縮小する時や不景気などにより利益が減少する時にもスケールを用いることができます。

まとめ

スケールという言葉は「拡大する、縮小する」という意味を持ち、特に事業規模や利益などを拡大したり縮小したりするビジネス場面で特に用いられます。 この記事を参考にして、スケールの具体的な意味や使い方をしっかりと学び、適切なビジネス場面で用いられるように心がけましょう。