ビジネス用語としての「スケールする」とは

「スケールする」という言葉を聞いたことがあるがどんな意味かわからない、という方は多いかもしれません。しかし、「スケールする」はビジネスのさまざまな場面で使われる言葉であるため、しっかり意味を把握しておく必要があります。 ここでは、「スケールする」の具体的な意味や由来となった英語について解説します。

「スケールする」の意味は「拡大する、縮小する」

「スケールする」は「拡大する、縮小する」という意味で用いられます。 事業規模や利益率などが拡大・増大する場合は「スケールする」、逆に縮小・減少する場合は「スケールしない」を使います。 また、IT業界では映像や画像を拡大・縮小したり、ソフトウェアの処理能力を増大・減少させる場合に「スケールする」を用います。

「スケールする」は英語の「scale」に由来

「スケールする」は英単語の「scale」に由来します。「規模」「目盛り」という意味で、英語では以下のような使い方をします。 ・The market scale is large. (市場規模は大きい。) ・I read the scale on a ruler. (定規の目盛りを読む。) 他にも「階級」や「魚の鱗」などの意味も持ち、多義語としてビジネスでも頻繁に使われています。

スケールの使い方と例文

スケールという言葉は、ビジネスシーンでは特に事業規模や利益率などが拡大したり縮小したりする際に用いられることが多いです。 ここでは、スケールの正しい使い方を例文も交えて説明します。最適なビジネスシーンでスケールという言葉が使えるようにしっかり覚えましょう。