『スマホ時代の6カ国語学習法!』著者・舛添要一氏によるレビュー

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開かれます。世界中から選手や観客など多くの人が集まります。道を尋ねられたりして、外国語を使う機会も多くなります。 しかし、外国語となると、難しくてどう学んだらよいか分からないという声をよく耳にします。どんな習い事にもコツというものがあります。本書で、効率よく学んでいく方法を教えます。 私は若い頃、ヨーロッパに留学し、日本で学んだ英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語に磨きをかけました。その体験を自伝風に語っています。 また、外国語学習にスマホをどう活用するかについても、具体的に書いてあります。スマホのおかげで、私は毎日、英独仏の三カ国語を使っています。 外国語は新しい文化への窓を開けてくれます。フランス語が理解できてフランス料理を食べると、ますます美味しくなります。 本書には、避けるべき語学学習の「落とし穴」についても列挙しています。ぜひ、外国語学習に挑戦して下さい。年齢は関係ありません。何歳からでも始められます。人生が豊かになります。