ベルンハルト作戦の概要

「ベルンハルト作戦」は、ドイツが起こした世界規模の事件です。 事件が起こった時代は戦時中にまでさかのぼりますが、実に興味深く、世界史を語る上では欠かせない事件であると言えるでしょう。「ベルンハルト作戦」の実態がどういったものであったのかについて紹介します。

時代は第二次世界大戦

「ベルンハルト作戦」は第二次世界大戦で決行されました。戦時中に実行され、1944年という終戦の年である1945年のたった1年前まで続行された作戦です。 「ベルンハルト作戦」は1942年から始まり、ベルンハルト・クリューガー大佐の名前を冠したことから「ベルンハルト作戦」と呼ばれるようになりました。

ナチス・ドイツによる通貨贋作事件

「ベルンハルト作戦」はナチス・ドイツによる通貨贋作事件です。戦時中、ナチス・ドイツが自国を優位に立たせるため、そして敵国として主にイギリスを陥れるために考えられた作戦でした。 作戦では、偽札の使用を促して経済の混乱を目論んでいたのですが、権利者の争いなどといった理由からそれは叶わず結局偽札をばらまくことはできずに終わりました。しかし、後述しますが、「ベルンハルト作戦」で作られた偽札は別の用途で使われることになりました。

作戦の主導人物

「ベルンハルト作戦」を主導していた人物は、2人いると考えられています。 どちらもドイツ人であり、この作戦における重要人物です。この2人がいなければ「ベルンハルト作戦」がここまで大規模なものとして進められることはなかったでしょう。どういった人物であったかを知る必要があります。