苦境に立たされるアパレル業界で復活は可能か?

苦境に立たされるアパレル業界ですが、ファストファッションのカテゴリーは好調に推移しており、ユニクロやしまむらといったところが売り上げを伸ばしています。 一方、三陽商会がバーバリーの契約解除で売り上げを大きく落としたように高級ブランドへのニーズも高く、少子化によって低コストと本物志向との二極化が進みアパレル業界全体の競争が激化していくことが予想されます。