コロナショックをもろに受けた三陽商会

三陽商会は4月14日に2020年2月短信報告を発表し売り上げが688億円、最終損益は26億円の赤字になったと発表しました。新型コロナウイルス感染拡大が、実店舗中心の事業展開を続けていた同社にとって痛手となりました。 現中山雅之社長は就任僅か4ヶ月での退任となり、5月から大江伸治(おおえ しんじ)次期社長のもと、不採算店舗150店を閉鎖しリストラも含めた改革を進めるとしています。

赤字額は26億円

三陽商会が今月14日に発表した2020年短期決算では、最終損益26億円と4年連続の赤字となりなりました。前期の18億円を上回る赤字計上で大江伸治次期社長は百貨店などを含め150店を閉鎖するとしています。 赤字拡大の要因を過剰な仕入れによって在庫処分の値引き販売が続いたことをあげ、合理化によって粗利益率を改善したいとしています。

中山雅之社長は退任

退任する現中山雅之社長は1984年に同社に入社後は主に紳士服部門を統括し、バーバリーロンドンなどを手掛けてキャリアを重ね今年1月1日に社長に就任したばかりでした。 三陽商会が今回異例の速さで社長交代に踏み切った背景には、大株主である米投資ファンドRMBキャピタルからの会社売却の圧力がかかっているためで、アパレル企業と繊維業界で実績のある大江雅之氏の起用を急いだ模様です。