「改めまして」の意味は「再度、もう一度」

(画像:Unsplash

「改めまして」という言葉を知らない方はいないと思いますが、ではどのようなシチュエーションで使うのか?とかどのような意味があるのか?などを考えて使う事はあまりないと思います。 「改めまして」の意味は「再度」とか「もう一度」という意味があります。 今回は「改めまして」という言葉の意味を例文を交えて解説していきます。 また、類義語や英語での表現なども併せて解説していきます。 それでは早速見ていきましょう。

「改めまして」の正しい使い方と例文3つ

(画像:Unsplash

「改めまして」という言葉に「再度」とか「もう一度」という意味があることを解説しました。 ここからはまず「改めまして」という言葉の正しい使い方や具体的なシチュエーション別の例文を用いて解説をしていきます。

「改めまして」の正しい使い方

(画像:Unsplash

「改めまして」は「改めて」という言葉の丁寧語です。 ビジネスシーンなどでも「改めて」でも失礼にはあたりませんが、「改めまして」を使うとより丁寧な印象となります。 この後で詳しく解説していきますが「改めまして」という言葉はどちらかというと手紙やメールよりも演説やスピーチ、司会進行などで使われる事が多いです。 では次からはシチュエーション別に実際の例文を交えて解説していきます。

「改めまして」の例文 スピーチ

(画像:Unsplash

・改めまして、ご結婚おめでとうございます。 この例文は結婚式の来賓の方のスピーチや司会者の方が使われるシチュエーションですよね。 来賓の方のスピーチであればスピーチの締めでもう一度祝辞を述べるために使われる事が多いです。来賓の方のスピーチだと途中は少しくだけたスピーチが多いので最後に「改めまして○○くん、○○さんご結婚おめでとうございます」と使います。 この場合は来賓の方は恐らく新郎新婦の上司ですが「改めて」より「改めまして」を使うほうが新郎新婦の親御さんに対しての礼を尽くすことにもなりますので良いかと思います。 結婚式の司会の方も「改めて」でも失礼ではありませんが、「改めまして」のほうがより丁寧な印象を与えますよね。