残虐すぎた犯行の手法やターゲット

「ウクライナ21」の犠牲者は、一見無作為に選ばれているようでした。しかし21名の被害者には共通点があり、犯行の手法も残忍極まりないものでした。

拷問や切断など残忍な犯行だった

また犯人グループは、殺害の様子を映像で残しています。殺害の際に用いていたのはハンマーや銅でできた建設資材で、大半は撲殺されていました。 しかしすぐに殺害されていたわけではなく、手足を切断したり刃物で目玉をくりぬくなど壮絶な拷問を行っていました。 妊娠中の女性はお腹を引き裂かれ、子宮から胎児が引きずり出されたといいます。 3名の犯人は、残忍極まりない犯行を続けていました。

ウクライナ21事件容疑者たちの裁判

「ウクライナ21」の犯人として、19歳の少年3名が逮捕されました。初めて「ウクライナ21」が発生してから、約1か月後の2007年7月23日のことです。その後に裁判が行われ、2名は罪を認めたものの、1名は無罪を主張しました。