「筋金入り」の意味は「身も心も鍛え上げられていること」

筋金入り

筋金入り(画像:Unsplash

「筋金入り」の意味は、「身も心も鍛え上げられていること」です。 一本筋が通っており、ブレのない自分の考えをしっかりと持っているという意味もあります。他人からとやかく言われたとしても、全く意に介さず、自分の信じる道をまっすぐに進み続けるという強固な意思を持っているのを表現するのが「筋金入り」という言葉です。 つまり、しっかりと自分を保っているということを「筋金入り」は意味しています。

「筋金入り」の語源

筋金入り

筋金入り(画像:Unsplash

「筋金入り」という言葉に使われている「筋金」とは、物にそえることによってそれを強固にすることができるという金属のことを指します。 それが転じて、「筋金」が入っていることで心や意思が強くしっかりとしたものになったと言えます。「筋金」が入ると、それまでよりも思っていることや決めたことに対する意思が強くなると考えられます。 また、「筋金入り」の「筋金」は、「鉄筋」ではないので注意しましょう。

「筋金入り」の類語は「芯のある」「軸のある」「筋が通っている」

筋金入り

筋金入り(画像:Unsplash

「筋金入り」にはいくつか似た意味を持つ言葉があります。 ここで紹介するのは、「芯のある」「軸のある」「筋が通っている」という3つの言葉です。どれも一度は聞いたことのある言葉でしょうが、厳密には使い方や意味がそれぞれ異なります。ぜひその違いを確認してみてください。

「筋金入り」と「芯のある」の違い

「筋金入り」と「芯のある」がどのように違うのかを紹介します。 「芯のある」という言葉は、ポジティブな意味にしか使われません。自分の考えをしっかりと持っていて、何事にもめげない性格といった意味を含んでいます。何かに取り組む時に、自分が納得いくまで工夫を凝らしやり遂げるといった人に対しては、「芯のある」という言葉を使うべきです。 一方で「筋金入り」は性格を表したり、物事に取り組む時の姿勢を表現するための言葉ではありません。その点において、2つの言葉は異なっていると言えます。