「burden」の読み方と意味

burden

burden(画像:Unsplash

負担者や責任の所在などを話す際に使われる「burden」は、日本ではあまり目にしませんが契約社会と言われる英語圏のビジネスシーンでよく見かけます。 「burden」が使われるシーンは正確に内容を把握する必要がある場面なので、意味を間違えないようにこの見出しで基本的な意味から確認していきましょう。

「burden」の読み方は「バーデン」

「burden(bˈɚːdn)」は「バーデン」と読み「burden」を音節で分けると「bur-den」と2つに分かれ、アクセントは第1音節の「bur」に付きます。 発音のポイントは第1音節では「バー」とハッキリ発音せずに「r」を強く意識して発音しましょう。そして第2音節でも「デン」とハッキリ言わずに「ドゥン」程度の発音で大丈夫です。

「burden」の意味は「責任」「負担」

「burden」は「責任」「負担」の他にも「心配」「苦しみ」などの意味があります。どれも「物理的・精神的に自分に負担がかかること」をイメージできれば、それぞれの訳が理解できます。また「burden」は基本的には名詞として使うことが多いので、まずはこれらの意味をしっかりと押えておきましょう。 「burden A with B」で「AにB(負担)を負わせる」という意味になる動詞としての使い方もありますが、まずは基本的な名詞としての意味を押えておけば問題ありません。

「burden」の例文

burdenの例文

burdenの例文(画像:Unsplash

「burden」は「物理的・精神的に自分に負担がかかること」といった意味合いの単語であることが分かりました。 この見出しでは、ここまでの説明を踏まえてさまざまな訳し方を例文を交えて説明していきます。ここまでの説明から例文の意味が通るか確認しながら読んでみて下さい。