関東連合が関わる殺人事件

「トーヨーボール殺人事件」は準暴力団である「関東連合」が関わる殺人事件です。「関東連合」の歴史は古く結成は1973年頃に遡ります。東京周辺の有力な暴走族が集まって結成された集合体であり数々の抗争を引き起こしています。 1973年といえば学生運動が終息し、若い反抗心がバイクに傾いていた時期です。関東連合もそうした反抗心が結集してできた団体といえるでしょう。 それまでも関東連合はさまざまな事件を引き起こしていますが「トーヨーボール殺人事件」は被害者が死亡したことや女優三田佳子の次男の関わりが取り沙汰されたことから大きく取り上げられました。

関東連合と対立する暴走族と勘違い

「トーヨーボール殺人事件」がショッキングに取り上げられる理由の一つに被害者が組織とは無関係の一般人であったことがあげられます。「関東連合」は「全狂連暴走族」との抗争に明け暮れていました。 昭和暴走族史を語る上で欠かせないのが「全狂連暴走族」です。他の暴走族とは別格の強さと絆を誇り、未確認ながら現在も組織は存続しているとされています。 何とか優位に立ちたいと考えていた「関東連合」は、メンバーと勘違いして少年を拉致し殺害に至ったのが真相です。