親の干渉はどこまでがベストか?

小学生高学年といえば、まだまだ勉強よりも遊びに熱中している時期です。それだけに親としては、ついつい子どもの受験対策に過大に干渉してしまうことも少なくありません。 親の関わり方が子どもの「やる気」に影響を与え、成否につながるのも事実です。親の子どもへの干渉はどこまでがベストかについて解説します。

干渉しすぎは悪影響

中学受験で重要なポイントとなるのは、子どもの心をどう刺激するかです。小学生高学年の段階で中学受験の意義など答えられるハズもありません。 だからといって親が干渉しすぎることは逆効果になります。小学生高学年にもなれば自立心が芽生えはじめていますから押しつけは禁物です。 中学受験の意義を根気強く教えつつ、任せる部分は子供に任せるといった割り切りも必要です。あくまでも子供が中心であることを見失ってはなりません。

勉強面以外のサポートは

中学受験に挑む子供の親は勉強面以外にも様々なサポートが必要です。まず当面必要なのが金銭面でのサポートです。中学受験に挑むとなると学校の授業だけでは不十分です。 大半の受験生は学習塾に通ったり家庭教師につきますが、非常に高額になります。また塾への送り迎えなどの環境づくりも親の務めです。 そして極めて大切なのがメンタル面でのサポートです。子どもへの動機づけは当然として、いかにモチベーションを維持させるかで受験の成否が決まります。

成功か失敗かを分ける塾選び

中学受験にチャレンジする場合学習塾は必須といえます。もちろん受験勉強の基本は学校の授業ですが、学習塾を利用して効率よく成績を伸ばすことが必要です。 また受験は単に学校の成績が良いだけでは成功しません。合格するためのノウハウ・テクニックを持っているか否かが成否に大きな影響を与えます。 さらに中学によって受験問題の傾向は大きく異なりますが、受験する学校に合った対策は塾でなければ教えてくれません。こういった理由から塾選びが成功か失敗かを分けといっても過言ではありません。