まとめ

まとめ

まとめ(画像:Unsplash

ビジネスの現場ではプライオリティー(優先順位)を考えながら仕事をこなす必要があるので、英語圏では「prior」という単語はよく使われます。 海外で仕事をしたり、海外にも拠点がある会社で仕事をする場合には、現地スタッフとタスクの順序について話す場面も出るので、「prior」の意味を正しく理解しておきましょう。